タキオキの掻くなら描かねば!! 改

アトピーのコミックエッセイやイラストを制作してます。

アトピーと疾病負荷の関係って?


全文表示 | アトピー性皮膚炎患者の「声にならない悩み」を考える いま必要なのは医師とのコミュニケーション : J-CASTトレンド


 

疾病負荷(Disease Burden)とは

 病気が社会全体に及ぼす損害の指標なのだそうです。
患者数や死亡率、経済的コストなどで計算されるとのこと。

 

 

アトピーは疾病負荷が高い

 アトピー患者の64%が20歳以上(厚生労働省平成26年「患者調査」)ということもあって、労働生産性が低下し社会的損失額は、年間746億円にもなるそうです。

(参考サイト Medical Tribune)

 

 

 

 

 

アトピーによる副作用!?

疾病負荷の問題を、僕なりにアトピーの副作用と例えて漫画にしてます。

 

f:id:takioki:20180112181751j:plain

僕が経験したコト

1家庭
 原因がよく分からず、良くなる気配すらなくて家族も疲弊しきってトラブルが絶えなくなりました。

2睡眠
 痒くて寝れてもすぐに起きてしまう。熟睡なんてしたことがなく、常に疲労していました。

3お金
 アトピーに効果がある治療法は、ほとんど試してみたし、効果のない健康食品などのアトピービジネスに何度もひっかかる。

4学校
 見た目で、イジメはもちろん、学校生活も困難なことがたくさんあった。

5友達
 イジメの経験から、友達関係を築くことも大変に。

6青春
 アレルギーが多いと、口にする物、着る物、手に触れる物、環境、通院など、制限が多くて青春を感じたことがない。

7恋愛
 見た目が「0」ではなくて、「ー」スタートと思い込んでいて消極的だった。

8自尊心
 プライドが傷つくことが多くて、自信をなくしがち。

9社交性
 イジメの経験で、常に気を使うようになり、人間不信気味になった。

10 仕事
 重症アトピーになると、在宅ワークくらいしか働ける場所が思いつかない。

アトピーって重症になると、ただ痒いだけじゃなくて、普通に生活することも大変。

僕は、アトピーと疾病負荷の問題を広く知って頂いて、今年から始まると言われている新しい治療薬が困ってる患者さんのもとへ届けられる社会になることを願っています。

そうなれば、労働生産性もあがっていくことでしょう。

 

 

 

みんなのアトピーが良くなりますように♪

 

 

 

Twitterもやってます。
f:id:takioki:20180111192619p:plain
フォローしてね♪

LINEスタンプを販売してます。
f:id:takioki:20180112005926p:plain