タキオキの掻くなら描かねば!! 改

アトピーのコミックエッセイやイラストを制作してます。

アトピーの新薬にかける思い

 こんにちは タキオキです。 

  ことしの春ごろ、アトピーの新薬が使えるようになる予定なので新薬への期待をこめて記事をまとめます。

 新薬の名前は「デュピクセント」

アトピーの新薬※ は、プロトピックがでてから20年近くなります。
(※ ステロイドやプロトピックに変わる治療薬という意味で)

重症なアトピー患者さんが、どれだけ首を長くして待っていたのか分かると思います。

デュピルマブ(デュピクセント)の注射で90%が改善

この薬の魅力は、副作用がほぼないと言われていること。

 あるとしてもアレルギー性結膜炎とか。

medley.life

 

ステロイドの問題点

最近増加してきたといわれる「成人型アトピー皮膚炎」の多くも,広い意味でステロイド外用剤の副作用,つまりステロイド依存性の皮膚症(既存の表現ではステロイド酒さ)であると考えられる
参考サイト 
ATOPY INFORMATION
論文 佐藤健二 近畿中央病院皮膚科部長

アトピー治療のやっかいなところは、ステロイドがよく効くが使い続けていると「ステロイド依存性皮膚症」になってしまうこと。

つまり、本来のアトピーステロイド依存性皮膚症 になり治療が困難になってしまう。
もちろん、うまくステロイドをコントロールできればいいのだが、それが難しい。
※ 僕もステロイドを使っています。だから、新しい選択肢を望んでいました。

ちなみに、プロトピック軟膏はステロイドのような副作用はないとされているが、顔や首以外には効果がでにくいようです。

デュピクセントの問題

費用が高いと予想。
大学病院での治療。
効かない人もいる。

せっかく、新薬がでても治療費が高くては手が出ません。
そこで、アトピーと疾病負荷の問題を広く知って頂いて、より多くのアトピー患者さんが救われるよう、コミックエッセイを描いてます。 

takioki.hatenablog.com

 

 アメリカでは、昨年からこのデュピクセントの治療が行われていて、「Dupixent MyWay」 という支援があり、負担額が$0だそうです。

ameblo.jp

参考サイト デュピルマブdeアトピー治療日記inロサンゼルス

 日本でも、こういう制度を検討して頂けないかと切に願います。

アトピーで苦しむ人がいなくなりますように!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 


ピクシブで連載してます。

【家族】「#3 不快な黄色い汁」漫画/タキオキ [pixiv]




Twitterです。
f:id:takioki:20180111192619p:plain 
Instagramです。
f:id:takioki:20180118192613p:plain 
コミックエッセイ連載中!!
f:id:takioki:20180118192556p:plain


LINEスタンプを販売してます。
f:id:takioki:20180112005926p:plain