タキオキの掻くなら描かねば!! 改

アトピーのコミックエッセイやイラストを制作してます。

共感能力の高い幼少期

【漫画】 アトピーの掻談 (かいだん)

 

こんにちは タキオキです。

 人それぞれ、ほ乳瓶を卒業する時のエピソードがあると思いますが、僕のエピソードも個性的だったので、マンガにしました。

きょうは、コミックエッセイの続きです。

 

ほ乳瓶をやめた理由 (1)

f:id:takioki:20180129180342j:plain
しょうゆは痒くなりますが、ソースは大丈夫でした。
だから、ソースは大好きです。

 

 今は、しょうゆもこんなに便利な容器がでて、少量で使いやすくなってこの容器が出たときは感激しました。

f:id:takioki:20180129181502j:plain
今は婦人会ってあるのかな?
昔は、部落の人たちが集まる、婦人会という集会がありました。
そこで、祖母がほ乳瓶の噂を聞きつけてきたんです。

僕は、ほとんどの食品でアレルギーがでてしまったので、まだ粉ミルクのほうが飲めました。
ですが、ほ乳びんのゴムの辺りなのか、発がん性の物質があると聞いてきたんです。

3歳の子どもにガンなんて言っても分からないかと思いますが、怖さを感じ取ったようで、その日からぴったりとやめました。
Googleで、「ほ乳びん」「ガン」と検索しても、情報が出てこないので、そんなにニュースにならなかったのか、ガセネタだったのでしょうね。

思い返せば、僕はその頃から共感能力が高かったようです。

 


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 


ピクシブでも連載してます。

【アトピー】「#1 プロローグ」漫画/タキオキ [pixiv]

 




Twitterです。
f:id:takioki:20180111192619p:plain 
Instagramです。
f:id:takioki:20180118192613p:plain 
コミックエッセイ連載中!!
f:id:takioki:20180118192556p:plain


LINEスタンプを販売してます。
f:id:takioki:20180112005926p:plain